イーストワンタワーHOME > 品川イーストワンタワーについて

About SHINAGAWA EAST ONE TOWER 品川イーストワンタワーについて

東京タワー、レインボーブリッジ、羽田空港、御殿山などのパノラマが広がる抜群の眺望。1フロア760坪と都内屈指の広々とした空間と新耐震基準を上回る耐震設計で、快適で安心なオフィスを実現いたします。

建物概要

名称

品川イーストワンタワー

所在地

東京都港区港南二丁目16番1号

主要用途

オフィス 店舗 ホテル

構造

鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造

規模

地下3階、地上32階

敷地面積

8,277.83m²( 2,504.04坪)

延床面積

118,420.62m²( 35,822.23坪)

店舗数

飲食: 9 店舗、物販: 5 店舗、クリニック&サービス: 8 店舗

駐車場

平面駐車 145 台、機械式駐車場 129 台、計 274 台

エレベーター

オフィス用: 24 人乗× 20 基
ホテル用: 17 人乗× 6 基  人荷用×1基
非常用: 3 基 低層店舗階用: 2 基

電源供給

スポットネットワーク受電方式

熱供給

地域冷暖房

警備・管理

1 階防災センター(中央監視室)にて集中監視制御

防災

スプリンクラー設置等各種法定防災設備設置

排煙

附室加圧排煙方式

耐震性能

エネルギー吸収型制震デバイス導入

非常用発電

ガスタービン発電設備設置

竣工

2003 年 3 月 31 日

設計・監理

株式会社 日本設計

施工

株式会社 竹中工務店

事業主

大東建託リーシング 株式会社

オフィス仕様・設備概要

基準階貸室面積

約 2,530 m²(約 760 坪)

天井高

オフィス: 2,700 mm 廊下: 2,500 mm

床荷重

500kg/m²、コア内事務室は全て 1,000kg/m²以内

熱線反射ガラス、 5 階以上エアフローウィンドウシステム導入

電気容量

標準設定 50VA/m² 増設可能

OA フロア

H = 150mm フリーアクセスフロア

通信対応

光ファイバー用端子盤設置済

非常用電源

テナント用ガスタービン発電設備実装

システム天井

基本モジュール: 3,200 m²× 3,200 m² 照明:平均照度 700lx 、モジュール内に照明機器 2 台設置
外光検知により窓側照明を自動調光

TV 共聴

VHF 、 UHF 、 BS 、 CS 、その他地域 CATV 利用可能、地上波デジタル放送

空調制御

インテリア部 4 系統、ぺリメータ部 4 系統の分割制御
インテリア部は各スパン毎 VAV 設置により空調制御可能

入退室

非接触型 IC カードシステムによる入退室管理

セキュリティ

パッシブセンサー設置
最終退出確認により照明・空調自動停止
フロア全体の退出確認によりエレベータ不停止制御

アメニティ

洗面・トイレ:各階男女各 1 ヵ所、温水洗浄便座実装、ジェットタオル設置
給湯室各階: 2 ヵ所、歯磨コーナー:各階 1 ヵ所

オフィスフロア平面図

オフィスフロアは、1フロア760坪と都内屈指のビッグスケール。センターコア方式の採用により分割対応も容易です。オフィスの窓からは、東京タワー、レインボーブリッジ、羽田空港、御殿山などのパノラマが広がり、眺望も抜群。 高さ150mmのフリーアクセスフロアを敷設し、天井高2.7m以上を確保するなど、ワーカーの立場に立った高感度で自由度の高い執務空間となっています。また、ビルの躯体は新耐震基準を上回る耐震設計と時代の最先端を見据えています。